業務用, 生活/暮らし, 食品容器

賃貸経営に資産運用を行う際の不動産選び

資産運用を行っていく方法として賃貸経営が着目されています。購入した物件がそのまま資産となることに加えて、賃貸料を毎月手にすることができるということから銀行への預金の延長線上という感覚で気軽に行っていける資産運用と捉えられています。特にサブリース契約が広まってからは利用状況によらず一定額の収入を得られるようになり、ますますリスクが少なく普通預金よりも収入が大きくなる資産運用の方法として認識されるようになってきました。こういった運用を行っていくためには賃貸するための不動産が必要となり、その手配に莫大な費用がかかることも珍しくありません。

しかし、何を手に入れるかによって初期投資として必要な額も異なります。マンションやアパートを手に入れるには数百万円から一千万円を超えるような初期投資が必要となりますが、駐車場経営ともなれば同じ賃貸経営であっても初期投資は百万円以下で済ませることも可能です。面積当たりから期待できる収入額もその不動産の選び方によって異なるものの、概して初期投資を取り戻すのに必要な収入を得るのにかかる期間も大きな差はありません。そのため、実際に運用に用いることができる資産に応じて経営する不動産も選べば良いというのが実際に経営に携わる際の心構えとなります。

一般的なのがマンションやアパートではあるものの、それにとらわれずに自由に選んでいくことが可能であり、それぞれについてサブリースできる会社が存在しているため気軽に資産運用が可能です。高齢者住宅の賃貸経営のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です