業務用, 生活/暮らし, 食品容器

賃貸契約時の入居審査をスムーズにパスするコツ

賃貸契約を成立させるためには、入居審査にパスしなくてはなりません。その賃貸物件にふさわしい人物かどうかを、オーナーに判断されることになるのです。この審査に合格ができないと入居は無理ですから、何としてでも合格できるように対策を練っておく必要があるでしょう。たとえば、身なりを小奇麗にしておくというのがまず第一の条件として挙げられます。

あまりにも汚い格好をしていたのであれば、オーナーに部屋を汚す人だと勘違いされるかもしれません。きれいな格好をして、しかもあまり派手派手しくしないのがいいでしょう。会社の面接を受けるような気持ちで、できるだけ正装で挑みたいものです。保証人を誰に設定しているのかも、入居審査でチェックされることとなります。

できれば親族に保証人を頼むのが一番ベターだと言われています。なぜなら、連絡が取りやすく万が一のときにでも家賃を代わりに払ってくれる確率が高いからです。まったく関係ない第三者を保証人にしているのであれば、審査で弾かれても文句は言えません。仕事の内容も調査されますから、できれば堅い仕事についておくのがいいです。

長く勤務しているのであれば、家賃の滞納もしない人だと思われるので、その分審査にはパスしやすくなります。賃貸契約時にはさまざまな質問をすることになるのですが、その質問内容もチェックされていると見ていいでしょう。下手に家賃交渉を行うと悪印象を持たれる可能性もあることを知っておくべきです。シニア向けの賃貸経営のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です