業務用, 生活/暮らし, 食品容器

礼金や敷金のルールを知って賃貸を利用すること

賃貸を利用するときは、部屋を借りるときに必要なものを準備しなくてはいけません。その代表的なものに大家に対して支払う礼金と敷金というお金があります。礼金は、大家に対して賃貸をさせてくれたことに対して支払う謝礼のことを意味します。この謝礼は大家に対して一度支払うと二度と返って来ないため必要経費として準備しておかなくてはいけません。

反対に、敷金と言うのは後で必ず入居希望をする人の手元に返ってくるお金のことを言います。なぜ後で必ず返ってくると言えるのでしょうか。それは、敷金が厳密に言えば相手に対して支払うお金ではないからです。敷金は、部屋を借りた賃借人が綺麗に部屋を使うことを約束するための保険なのです。

そのため目的を達成することが出来たときにはお金を返還してもらうことができます。この返還に関しては、特別な事情がない限り拒否することが許されていません。賃貸借契約を締結するときには、法律的によって決められた一定のルールに従う必要があります。このルールは、賃貸人であっても必ず従わなくてはいけないものであるためそのルールを侵すことは出来ません。

敷金や礼金に関しても破ることが出来ない一定のルールは存在するため知っておくことが大切です。また、賃貸を提供している不動産会社によっては敷金や礼金そのものが必要ないところもあります。そうした会社を利用することによって、余計なお金を支払わずに非常に小さな費用で部屋を借りることが出来るようになるのです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です