業務用, 生活/暮らし, 食品容器

賃貸アパートを賢く運用する

資産運用として広く知られているのが、不動産投資です。アパートを買って自分で運営すると、ちょっとした収入を得ることができます。管理・運営に関しては多くの場合管理会社に委託しますが、もちろん自分で全てをすることもできます。入居者を増やし、清掃や修繕なども自分でこなせる人は、せっかく自分で買った物件なのですから、苦労も喜びに感じることでしょう。

しかし、自分で全部するのが困難な場合は、管理会社と半々ですると良いです。賃貸アパート購入に際して重要なポイントは、土地に価値があるかということです。賃貸は入居者の入れ替わりが激しく、経年変化でいたんでくるので、建物自体は数十年で減価償却し価値がゼロになります。土地のみが資産として残ると考えたほうがベターです。

また、退去者が出るたびに修繕や清掃が行われるので、そのような経費も考慮に入れましょう。ある程度は敷金として回収できますが、生活によって生じる一般的な傷やヘコミは入居者の責任ではないという判例があり、すべて大家が修繕しなければならなくなりました。入居者にとってはうれしいですが、賃貸のオーナーにとっては負担になります。隣同士のアパートでも、一方はほぼ満室、もう一方は入居者募集の張り紙が至る所に貼ってある現象がありますが、これは部屋の間取りや日当たりといったものから、オーナーと管理会社の営業努力の差でもあります。

どのような層を住まわせたいか戦略を立てて、満室を目指しましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です