業務用, 生活/暮らし, 食品容器

寒い地域で賃貸物件選びのポイントとなるのは

寒い地域では、賃貸物件の選び方にも一工夫が欲しいです。雪が多くなる北海道や東北地方、本州でも日本海側は、基本的には鉄筋コンクリート製の賃貸マンションを選ぶのが賢い道です。なぜなら、大雪が降ったときにでも鉄筋コンクリート製の建物なら押し潰されてしまう危険性がほとんどないからです。木造一戸建てもありますが、大雪が降った翌日には屋根に登って雪下ろしをしなくてはいけません。

そうでないと最悪の場合には、雪の重みによって屋根が潰れて落ちてくる可能性があるからです。命に関わることなので、とても神経質にならざるを得ないのです。マンションなら大雪の翌日もゆっくり寝ていられるのでズボラな人にも便利です。鉄筋コンクリート製のマンションは、気密性も高いですから、暖かい空気が外に漏れ出す心配も少ないです。

木造一戸建ては南の島あたりでは涼しくていいのですが、雪国では寒くて仕方ないということにもなりかねません。暖房費の差は月々数万にもなりますから、出費を減らしたいならマンションを選ぶのが正解です。寒い地域は賃貸物件の家賃設定も低く抑えられているために、ワンルーム程度のマンションなら5万以下で十分見つけられるでしょう。北海道なら地下鉄の路線のそばにある物件を探してみるとよりいいかもしれません。

なぜなら、雪が降ったときにでも地下鉄があればダイヤの乱れを気にする必要がないためです。駅が近いと、朝すべって転んで怪我をする可能性も低くできます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です