シニア向け, 不動産/賃貸, 賃貸経営

賃貸では入居の前にお金を預けなくてはいけない

賃貸では、入居の前に部屋に関する保証としてお金を預けなくてはいけません。このお金のことを敷金と言い、敷金の基準は賃借料に依存します。賃貸借契約では、確かに賃借人は賃貸人から部屋を借りることが出来るようになりますが借りた部屋を賃借人の独断で勝手に改装して良いわけではありません。退去するときには部屋を貸す前の状態にきちんと戻さなくてはいけない法律的な義務が存在しますので、そのための担保として敷金を預けなくてはいけないのです。

敷金は、法律的には原状回復のためのお金として解釈されていますが原状回復という考えにはそれぞれの会社で独断の基準を決めているところもあります。しかし、敷金で部屋の状態を原状回復するときの基準はそれぞれの会社で決めて良いものではなくあくまでも法律に従って決めなくてはいけないルールがあるのです。例えば、ある会社で敷金を利用して部屋のリフォームをしようと考えているところがあったとしても、このような身勝手な敷金の使い方は許容されていません。敷金の役割は部屋を原状に戻すだけなのでそれ以上に手を加える必要はないのです。

そもそも、敷金は賃貸人に対して預けているだけのお金であるためその所有者は未だに賃借人にあります。原状回復を超えてリフォームをするときにはそのための契約や同意を賃貸借契約の前に決めておかなくてはいけないので、勝手な判断で部屋を修繕することは出来ないということを知っておきましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です