不動産/賃貸, 賃貸経営, 高齢者住宅

賃貸物件を借りる契約を結ぶまでの流れ

はじめて賃貸アパートや賃貸マンションに引っ越す場合にまずすべきことは、契約を結ぶまでの流れを知ることです。賃貸物件を借りる場合にまず行うべきことは、なんといっても物件探しです。現在は、賃貸物件の情報が掲載されているサイトが多数あり、ひと昔前と比較すると物件探しに役立つ情報が手に入りやすい状況にあります。そのため、物件探しは、最初にインターネット上で自分が希望する条件に合う物件をいくつか探しだした後、不動産業者に問い合わせて物件を見学させてもらった上で申し込む物件を決めるといった流れですすめていくことになるでしょう。

借りる物件を決めたら、入居申込書に氏名、生年月日、現住所、勤務先、年収などの必要事項を記入して提出します。この後、貸主あるいは管理会社による申込者の審査が行われ、遅くても1週間程度で審査結果が申込者に通知されます。入居が認められた場合は、借主、貸主、不動産業者の三者で相談して契約日を決めます。契約日に再び三者が集まったら、重要事項の説明と契約内容の説明があった後、借主が契約書に署名と押印を行い、契約金や仲介手数料の支払いを済ませれば契約完了となります。

なお、契約を行う際には、借主側の方で身分証明書、住民票、印鑑登録証明書、収入証明書類などの準備が必要となっているので、不動産業者の指示にしたがって忘れずに揃えておきましょう。契約手続きを終えた後は、ライフラインに関する手続きと行政機関に対する届出を行います。そして、予め指定した日に鍵の引き渡しが行われれば、一連の流れは終了となります。あとは、荷物をまとめて引っ越しをするだけとなります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です