不動産/賃貸, 賃貸管理, 高齢者住宅

必要な費用を揃えて賃貸借契約に臨む

賃貸借契約に臨むときには、まず必要な費用を揃えておく必要があります。賃貸に必要な費用はそれぞれの契約によって多少異なりますが、それぞれの費用で必要になる共通の費用というものは必ず存在します。その中でも、敷金と礼金の二つのお金に関しては必ず用意しなくてはいけない費用になっているので準備をしておかなくてはいけません。中には、礼金に関してはお金を支払わなくても良いと考えている会社も存在するので、その点に関して各々の事情を聞いておくことが大事です。

賃貸借契約で必要になる敷金というのは、一般的に部屋の原状回復に必要なお金であると解釈されています。原状回復というのは、簡潔に言うと部屋を借りる前の状態に賃借人が戻すことを意味します。賃貸人は、部屋の付帯設備を整えて賃借人に提供しなくてはいけない法的な義務を負っていますが、その反面貸した部屋を汚されたときにはその部屋を賃借人に綺麗にしてもらうことが出来る権利も持っています。賃借人と所有者との契約はあくまでも部屋を貸すことに関する合意であるため、全ての条件において部屋を好き勝手に扱って良いわけではありません。

そのため、仮に貸していた部屋が著しく汚されてしまったときには敷金を使って部屋を原状回復させることが出来る権利を有しているのです。礼金と言うのは、単純に部屋を貸してくれたお礼として相手に支払うお金であるため敷金ほどに大きな意味を持っているわけではないということを知っておきましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です