シニア向け, 不動産/賃貸, 賃貸経営

一人暮らしは賃貸住宅

一人暮らしを考えているなら賃貸住宅を選ぶと良いでしょう。個人で家を購入しようとすると、金融機関の住宅ローンで多額の借金をしないと難しいです。賃貸住宅なら、部屋を貸し出しているオーナーと契約して、毎月決められた家賃を支払うことで部屋を借りることができます。賃貸住宅を探す時は家賃の金額だけでなく、敷金と礼金も注目して探すと良いでしょう。

敷金と礼金は契約の際に支払うお金です。敷金と礼金が請求されない住宅もあるので、募集要件は良く確かめておきたいです。一般的に敷金と礼金が請求されない時は家賃が高い傾向があり、逆に敷金と礼金が請求される時は家賃が低い傾向があります。敷金は家賃1~2ヶ月分が相場になります。

家賃を滞納した時や退去時に修繕が必要な時など、敷金から差し引かれる仕組みになっています。敷金が足りなくなった時は追加で請求され、退去時に敷金が余っていれば余剰分は返還されます。なるべく部屋を綺麗に使って家賃を滞納しなければ、退去時に全額返還されることもあります。礼金は住宅を提供してくれるオーナーへの感謝の気持ちという意味があり、家賃1~2ヶ月分が相場になります。

礼金は退去時に返還されません。昔の慣習として残っていることがあり、現在は敷金はあっても礼金は無しという契約条件が増えています。礼金が発生する場合、その一部が不動産会社への仲介手数料として支払われていることもあります。賃貸住宅で敷金と礼金が発生する場合、初期費用として約30万~50万円は用意しておきたいです。

また、オーナーとの交渉次第で家賃や敷金と礼金を減額することも可能です。希望の条件を伝えて相談してみるのも良いでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です