不動産/賃貸, 賃貸経営, 高齢者住宅

賃貸物件の収益化を進めるために

不動産は投資における花形であり、サラリーマンよりも楽に、それでいて多くの利益を得ることができます。とくに賃貸物件を上手に運用していけば、長期的な収益が見込め、生活設計上もたいへん有用です。とはいえ、持っていればそのままお金になるわけではありません。きちんと準備を進め、対策を講じ、ときには大胆な方法に出ることが大切です。

住んでもらうために人へ貸すのですから、まずは良好な状態を維持することが求められます。建物である以上、経年劣化は避けられないので、こまめにチェックし、状況に応じて修繕を行うことが必要です。もし、こうした準備を曖昧にしたまま賃貸契約を結ぶと、あとから責任を厳しく問われることになりかねません。日頃から丁寧にメンテナンスすることが、将来の利益を育みます。

生活様式の移り変わりに合わせて、内装をリフォームしていくことも大切です。間取りそのものを変えてしまう、大規模なリノベーションは、資産価値そのものを引き上げてくれます。とくに耐震構造に不安のある賃貸物件は、必ず工事を実施するべきです。また、個人間取引は、なにかとトラブルの元になります。

やはり不動産のプロフェッショナルに間に入ってもらうことが、結局は有利な運用を促すものです。親しい専門家を作っておけば、最新情報や、活用に向けたヒントも得られますから便利です。細かいところに目を配り、視野を大きく持ちつつ、賃貸物件を賢く運用していきましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です