シニア向け, 不動産/賃貸, 賃貸住宅

賃貸物件の得する借り方

賃貸物件を借りる際には礼金や敷金、仲介手数料まど家賃の数か月分の初期費用が必要となります。初期費用に加えて、引っ越し費用や前の住宅の原状回復費用などもかかりますのでさらに出費がかさんでしまします。そこで、初期費用を少しでも抑えるために行って欲しい借り方があります。一つ目が、ゼロ物件を借りるということです。

ゼロ物件とは、礼金や敷金がない物件のことを言います。最近は物件を借りやすくするためにこのような賃貸物件が増えています。礼金や敷金がないために初期費用を抑えることができるのです。しかしながら、敷金がゼロの場合には預け金がないために原状回復費用が多くかかってしまうことに注意が必要です。

二つ目が、仲介手数料の値引き交渉を行うということです。賃貸物件を探すときには物件を探してもらった手数料として仲介会社へ仲介手数料を支払わなければなりません。しかしながら、仲介手数料は上限の金額だけ決められており最低の金額は決められていません。そのため、値引き交渉が可能なのです。

仲介会社もせっかく物件を案内したお客さんから仲介手数料を取れないことは避けたいため値引きに応じてくれることもあるのです。三つ目が、フリーレント物件を借りるということです。フリーレントとは、家賃の数か月を無料にしますというサービスのことです。フリーレント物件であれば入居後の数か月分を支払わなくてもよいため支払い金額が少なくなるのです。

このように、賃貸物件を借りる際には物件や仲介会社の選択により初期費用を抑えることができるようになるのです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です