不動産/賃貸, 賃貸経営, 高齢者住宅

賃貸生活を快適にする荷物預かりシステム

生活していて困ることといえば、荷物が届くとわかっている時には出かけづらいということです。出かけてしまっても後から再配達の依頼をしたり、取りに行けば荷物は受け取れますが、それは面倒くさいものです。この問題を解決したい時には、宅配ボックスのある賃貸物件を選ぶと良いものです。宅配ボックスのある賃貸物件に住めば、家にいない時に荷物が届いたとしてもボックス内に入れておいてもらえます。

これなら、荷物が届くとわかっていも出かけやすいことでしょう。ちなみに、宅配ボックスは一人暮らしで賃貸生活をする時に、特に役に立ちます。というのも、一緒に生活している人がいる時と違い、自分の代わりに荷物を受け取ってくれる人がいないからです。夫婦で暮らしていたり、家族で生活していれば誰かが代わりに受け取るということが結構できますが、一人だとそうはいきません。

ただし、宅配ボックスは、ボックス内がすべて荷物で埋まっていると当然新しく荷物を入れることはできませんから、配達員が持ち帰ることになります。こういったことも意識した上で物件選びをしたいものです。ちなみに、不在時に荷物を持ち帰られないようにする方法は他にもあります。それが、コンシェルジュのいる物件に済むという方法です。

高級な物件にはコンシェルジュがいる時がありますが、色々な仕事を引き受けてくれて、その中に荷物の預かりというのがあるのです。これなら、同様の快適さを味わえることでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です